読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しんで子育て~中学、高校、大学受験を子供たちと乗り越えて~

Eランク?大学卒の父親の私と高卒の妻の金ない、智慧ない、学歴ない両親が2人の息子を都立日比谷高校→慶応大学に合格させた子育てについて

子育てで心掛けたこと パート4

子どもは、比べない。

私たち夫婦が子育てで心掛けたことです。

 

先日、学生時代の友人と、数年ぶりに食事をしました。

友人は、私の家族の事も知っています。

友人が私の家族と会ったのは、長男が小学校低学年の時でした。

その後、友人とは会っていましたが、2人きっりだったこともあり、

子どもの進学先などは、別に話題にしませんでした。

男2人で、昔の思い出話をつまみにいつも笑って飲んでいました。

今回は、ふとした話しから、長男と次男の話しになり、

高校、大学の話しとなって、私が隠していたわけではないのですが、

初めて、友人に伝えました。友人は物凄く驚いていました。

「よく優秀に育てたねぇー」「すごいねぇー」と色々な言葉で褒めて頂いたあと、

友人は、私にこんなことを聞いてきたのです。

 

「長男と次男どっちが優秀なの?」

友人は独身なので、ふと疑問に思って聞いたのでしょう。

私は、「えっ、考えたことがないから分からない」

   「長男は数学が得意だし、次男は英語が得意だし、、、、」

   「改めて考えても順位が付けられない」

そうなんです。

私は、長男の時は、多少、中学に入っても、当初は成績について気にしていましたが、

次男が中学校へ入学してからは、まったく成績について知りませんでした。

特に、長男と次男は、結果的ですが、同じ進学先となっています。

数字での成績を見てしまうと子どもをどうしても比べてしまうので、

私は、見ませんでした。妻は勿論見て、概要だけを私に話してくれました。

 

ですので、子どもが小さい時から、比べたことがないんです。

子どもの良い所、良い行ないをたくさん褒めました。

子ども達の比較は決してやってはいけないことだと思います。