読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しんで子育て~中学、高校、大学受験を子供たちと乗り越えて~

Eランク?大学卒の父親の私と高卒の妻の金ない、智慧ない、学歴ない両親が2人の息子を都立日比谷高校→慶応大学に合格させた子育てについて

かわいい子には旅させてね

長男が小学5年生のとき、次男と2人で、電車に乗って

日光の東照宮を観に行きたい言い出しました。

 

f:id:tanoshiikosodate:20160109000200j:plain

 

それまで、外出時は、家族で、それも車での移動がほとんどでした。

長男から許可してほしいと私が言われた時、正直言って、2人で電車に乗って

外出するのは慣れていないので、やめさせようと思いました。

 

しかし、長男はどうしても行きたいと言い続けました。

わたしが折れて、許可をしましたが、妻の花子は絶対にダメの一言。

 

何日も長男と妻は平行線のままです。

長男も諦める様子がありません。根負けした妻が妥協案を出しました。

 

妻は、離れた所から子ども達を見守りながら、

日光まで行くなら、許可すると長男に伝えました。

 

長男は、最初嫌がっていましたが、しぶしぶ納得して、やっと2人旅行が

決定しました。

 

長男が電車の時刻表を見て、出発時間や乗り換え等を決めたみたいです。

長男は鉄ちゃんではありません。かなり頑張りました。

 

妻は、少し離れた所から見守り、会話もしないし、すべての行動は、

子ども自身で決定しました。

 

子どもは、電車の乗り換えやホームなど、間違えながらなんとか

無事、日光駅についたそうです。

 

日光駅から歩いて東照宮へ向かったみたいです。

大変だったでしょう。

f:id:tanoshiikosodate:20160109000247j:plain

東照宮の近くで、おじいさんが1人で小鳥のかたちをした笛を売っていたそうです。

そのおじいさんの姿を見た次男は、おじいさんが笛が売れていなくて、哀しそうに見えたそうです。

かわいそうと思って、少ししかないお小遣いで、300円の笛を

1つ買ってあげたそうです。

 

次男は、少し、いい事をして、心が満たされたと言っていました。

何と優しい次男。すばらしい。

 

自宅に帰ってきて、その話を聞かせてくれました。

私もいい事をしたね!って誉めてあげました。

長男も、初めて、子ども達だけで、旅行できたので

自信が付いたようです。

 

f:id:tanoshiikosodate:20160109000234j:plain

しかし、悲劇が起こりました。

 

次男のやさしさを裏切るように、小鳥型の笛はすぐに壊れてしまいました。

たいして使ってもいないのに、1、2日で音が出なくなりました。

 

小学校低学年だった次男は、「ダマされた」と思ったそうです。

初めて社会のきびしさを知らされたと後年、言っておりました(笑)