読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しんで子育て~中学、高校、大学受験を子供たちと乗り越えて~

Eランク?大学卒の父親の私と高卒の妻の金ない、智慧ない、学歴ない両親が2人の息子を都立日比谷高校→慶応大学に合格させた子育てについて

「あけましておめでとう」と言うより「あけてしまって試験まであと何日?」ではないでしょうか

雑感

f:id:tanoshiikosodate:20160101161208j:plain

 

明けましておめでとうございます。

 

受験生をお持ちのお父さん、お母さんにとっては、

お正月気分ではないはずです。

最後の追い込みの時期となってきました。

 

この時期いつも思い出す事があります。

親として、子どもの役に立てることは色々やってあげていました。

 

f:id:tanoshiikosodate:20160101161234j:plain

 

試験日、願書締切日等のスケジュール及び試験日までの日数を

書きこんだ手作りカレンダーを壁に貼りました。

 

長男の中学受験の時から、○○子ども新聞を購読しました。

でも、長男は、塾の勉強が消化しきれていないので、

読んでいる暇がありません。

 

親としては、どうしても読んで欲しい記事は切り取って、

私が読んで内容を伝えて、長男に記事を渡しました。

興味があれば読んでもらいたかったからです。

 

トイレには、新聞の付録で貰った暗記用のポスターや

日本地図、受験を前向きになれる言葉を書いた紙なども

貼っていました。

 

壁に隙間なく貼っていたので、その期間は妻の花子から

掃除しずらいと、怒られていました。 (笑)

 

毎朝、頭がスッキリしている時に、

親子で、「僕は勉強ができる」「僕は勉強が好きだ」など

勉強を苦手に感じなくなるように繰り返し声に出していました。

 

親は子どものサポーター、マネージャー、コーチ、付き人などなど

何でもやりましたね。

 

当時はそんなことは思っていられませんでしたけれど、

今となってはいい思い出です。

 

これからの話しは、長男がお茶の水大学附属中学校の同級生の事です。

毎年、テレビで放送される恒例のwアカの受験合宿。

 

以前も触れたことがありますが、長男の友だちは、wアカの合宿に参加して、

お茶中も、制服で授業を受けますが、冬休み後、彼は、ジャージにWアカの鉢巻き。

 

そんなスタイルでも怒られない学校って素敵ですよね!?

想像するだけでワクワクしてしまうのは私だけでしょうか?

 

だって、先生から見ると、生徒の中に一人だけジャージに鉢巻きした

生徒が必死に勉強喰らいついているんですよ!

可愛い~~じゃないですか。

 

そんな彼は、慶應大学附属系の高校へ無事、合格しました。(^ ^)v

 

f:id:tanoshiikosodate:20160101161317j:plain